2017年3月29日水曜日

南大沢

先週からの現場は順調そのもの!
今回は壁の造作はメインというよりは前菜!?
入口サッシ設置から、内装壁、天井壁の取り付け、塗装、待機エリアの床造作などなど、
あらゆる造作工事一式を承っております。
あっ、トイレも、だ(笑)

ストーンマスターズ
というよりは、
内装業者集団、
という感じです(笑)

これからジムを作ろうかと考えている方には、こんなことも出来ますよ、という感じで現場写真見てもらって参考にしてください!

2017年3月25日土曜日

マッドロック

お彼岸明けからは個人的に大変目まぐるしい毎日で、
なんと!
現場ブログをすっかり忘れていました(笑)
すみません!
というわけで、
今週は東京都八王子市にある株式会社サンダンスアウトドアーズ様の物流倉庫のジム化工事が始まっていました。
スナップ、エクスカルト、キングダムなどなど、海外クライミング商品の輸入代理店さんでありますが、自らついにボルダリングジムを始めることになりました!
その名も
マッドロック!
もちろんシューズの、アレです(笑)
そのもの、ほんまもんです。

壁の工事はあらかた終了!
来週はあらゆる内装工事とマット設置で1週間、というシナリオです。
久しぶりのHゴヤさん、トイレ個室製作ありがとうございました。
来週は自分が引き継ぎます!
 

2017年3月24日金曜日

TNF浜松佐鳴台店オープン

今週は多摩ニュータウン真っ只中の現場、現在進行形!
今週はなにかと忙しくてダブルヘッダー仕事が連日続いている。
まるでつい先週までの屋久島ミニトリップのバカンス終了を待っていたかのように畳み掛けてくる!
現場は現場でなかなか滅多にない対応に追われてはかどらない。
そんななか、
かれこれ5年以上お世話になっている静岡県のジャムさんが、なんとノースフェースショップの開店まで乗り出した、ということでプレオープンセレモニーに八王子市から駆けつける!
H山の親方も来ていて世界初リリースという昨秋の宝島プロジェクトツアーのショートムービーを観賞。
ドローン映像はやっぱりいいねえ!
開拓の新しいアイテムだわなあ(笑)

関係者でたくさんにぎわっていましたが、自分は明日も朝早いので早々においとま。
みなさん、今後もよろしくお願いいたします!

2017年3月20日月曜日

夏タイヤ

明日からしばらくまた休みなく何十日も連続で働くサイクルへ突撃!
そうゆうときにいろんなアクシデント的な雑用がどんどん降りかかってくる、ということも充分に経験してきているから想定内。
さあさあ、毎日登った分、毎日働くぜい(笑)
明日からの現場準備しているうちに早くも自分の仕込みミスに気づく。
まあ、明日できることは明日だな!
今日出来るはずだったことの1番の目的がなぜか出来ず。
うーん、相変わらずインテル入ってるの小人達の動きがよーわからん。
これも、明日だな(笑)
昨日、今シーズン最後の雪国に行ったけど、もうさすがにスタッドレスタイヤは必要なかろう、四駆だし。
ついこないだタイヤ交換したよーな錯覚に陥るが、ホイール裏に11月14日と書いてあるから4ヶ月前か。
この歳だとやっぱりついこないだ、だな。

お知らせ
屋久島フリークライミング協会主宰で、
この年末に新しいボルダーエリア公開にともない交流会を開催することになりました。
なかなか近くて遠いところですが、ほとんどの人が1度は訪れたいと思う素晴らしい島です。
縄文杉トレッキングとか、マルチピッチクライミングなどと合わせてツアーを組むのも良いと思いますよ!
おととい、荻窪パンプ、ウォーリー藤沢、辻堂などに配布しました。
これから自分が訪れるジムにフライヤーを持っていくつもりですが、以下の写真、拡散お願いいたします!

2017年3月17日金曜日

勝手に三回忌

カーフェリー、九州道、山陽道、新名神、新東名、
車中泊ふくめて丸1日の運転で神奈川に戻ってきた。
久しぶりの関東地方は杉花粉が酷い!
そして寒い!
来週連休明けには桜が今年も開花するそうです。

奴がシュルントに消えたのはおととしの今月末。
知らせを受けたとき、満開桜がなぜか忘れられない。
あれからいろいろあった。

いつまでも忘れられないことは、忘れる必要もないことも、最近ようやく分かってきた。
おととしの10月、七五岳東稜をオンサイトフリーソロしたときは、いまから振り返ると自分でもかなり逝っていたと思う。
おかしいぐらいに視野が狭かった。
なにかに追い詰められている感じがしていた。

今回、屋久島に渡る前に奴の子供達と家族に会って話しが出来て良かった。
行きの助手席にはあきらかにその存在を感じていた。

今回も自分的にはかなり逝ってるハイボールの初登も目的のひとつだったので、あらゆる準備万端のうえで成功できた。
グレードはそれほど高くなかったから登れて当たり前と言われればそのとおり。
ただ、6mという高さと下地の悪さ、そして、なによりも誰も登っていないということがなにも情報もないという事実。
誰かが登ってグレードを決めてあったりユーチューブにアップされた完璧なムーヴを見れる訳でもない。
すべてが自己責任で、やるか?やめるか?というクライミング本来のトライの判断が試される。
緊張したなかでも、
なぜか奴が玉座岩の上から
「あーあ、ボルダーなんだからぶら下がってホールドの確認したらいかんでしょ」と言われている気がしていた。
それも片手に三岳抱えて(笑)

10日間の滞在で、6日と半日登った。
屋久島の天気からすると奇跡的に好天が多かった。
おかげで指皮は指紋なくなり、全身が節々痛くなるまで登った。
島の人達や、宿でたまたま出会った若いドイツ人とも6日中4日間一緒に登れた。
とても楽しかった。
独りで1日トライしてるときも、奴の気を感じていた。
だからまったく独りでいる感覚はなかった。
クライミングを始めて33年。
いちど、完全に気持ちが離れたときもあった。
数多くはない親友に助けられてきた。
だからいまはまた登っている。
自分のクライミングだけをすることにしてから、
いまは本当に楽しい。
ありがとう。

帰りの助手席には、
なにも感じなかった。
いまごろ沢登りでもしてるんだろう(笑)
自分勝手に三回忌、終了。

俺はもう少し頑張るよ

2017年3月16日木曜日

屋久島プチツアー終了

10日間というミニトリップも本日終了!
屋久島の中では雨の少ない西部地区なのと、やはり海抜数メートルが今回の現場だったのでわりかし天気には恵まれました。
昨日までの強い北西風のおかげでこの時期にしては気温も低めで岩のコンディションは最適でした。
昨日、登れなかった王様岩のプロジェクト、最終日の朝イチ1時間だけ猶予がある!
身体はバキバキ、指皮はあまり回復してないけど、まあやるしかないでしょ!
というわけで帰るための港とは反対方向へ出撃(笑)
駐車場には猿の軍団が群れ群れていて立ち退かない。
前にボスとにらみあってヤバくなった記憶があるけど、今日は時間がないのだ。
車を降りると一斉に奴等の視線が自分一点に釘付け。ヤクザルは人慣れしてるみたいでまったく退かない。
構わず数メートルの距離でゴムチューブストレッチをはじめたら逃げはじめた!
黄色のチューブが武器に見てたのか?しめしめ(笑)
駐車場周辺をストレッチしながらぐるぐる回ったら奇声を発しながらグループ全員山に登っていった。
よーし(笑)

玉座に立ち、さっそく取り付く。
初手からヒリヒリして拒絶反応が。
何度か離陸するとマヒして動けはじめる。
45分経過、
ついに最高到達点を一手伸ばせた!
が、
想像通りその先も悪くてすぐに落ちる。
うーん、
ムーヴをバラシに行きたいところだけど、そうもいかない高さ。
タイムリミットまであと5分。
いったんシューズを脱いでラストチャンス1回にかけるために気を溜める。

雨が降ってきた。
最後と決めた時間が来る。
かなり集中できていたけど、
ダメだった。
うーん、
残念だけどこれが現実。
登れなかったのは悔しいが、コンペのベルトコンベアに比べれば持っている全てを出しきった上のダメだったから仕方あるまいよ。

インスティンクトを脱いだら雨が本降りになった。
まるで待っていたかのように。

屋久島フリークライミング協会の皆さんには大変お世話になりました!
ありがとうございました。

また来ますよ(笑)

おまけ
↓樹林の写真に何頭のヤクザルいるでしょう?

2017年3月15日水曜日

ラストスパート

昨日は島のクライマーふたりと、同じ宿にいた若いドイツ人を連れて登りに。
昨年からのマイプロジェクトだった課題を首尾よく完登!
まんず2段でよろしかろう。
すぐ左のスラブ乗り越しもなんとか完登。これは初段かな。
ほかにもいくつか初登できて、充実の半日。
明くる最終日。
身体はメキメキ。

北西の風強く、寒い!
王様岩のプロジェクト1本にしぼり1日トライするも、難攻不落。
きっとデクノボーなら楽勝のラの字なんだろうけど。
162センチのピグミーにはいかんせん、わずかながら及ばずホールド距離感。
何度も何度も繰り返し繰り返しトライを重ねるも指皮ばかりが減るばかり。
ついには日没サスペンデッド。
疲弊しきった老兵に残されたオプショナルタイムはおよそ2時間。
はたして、リアル最終日、どうなるものか?